日本国憲法第9条の碑を訪問

加賀市「教育出版」を採択

 教育総研では、石川県9カ所の教科書採択区における、小学校道徳教科書の採択状況を関係教育委員会に問い合わせを行い、このほど取りまとめを行いました。教育総研ではこれまで、各地区展示会への閲覧呼びかけや、地区ごとの学習会、「教育政策」部会での研究協議を通じて、8社の教科書について批判分析を行ってきました。そうした中で、「教育出版」が取り上げる教材に問題点が多いとする意見が多数を占めてきました。
 今回の採択で、育鵬社教科書を採択した加賀市がその教育出版の採択を行ったと19日に公表しました。市教委によれば、「先人の伝記や逸話が多く掲載されている」「加賀市出身の中谷宇吉郎博士が掲載されている」等の理由を挙げていますが、20日の新聞報道によれば、採択委員会が答申した教科書とは異なる採択だったとされており、前回の育鵬社教科書採択と同様、その決定経過が明らかにされねばなりません。
 こうした教科書採択の問題点を広範に市民に訴えてきた「子どもと教育を考える加賀市民の会」(代表・東野隆一/木村勝保、以下「市民の会」)は、同日に市教委と教育長に抗議の申し入れを行いました。申し入れ書では、①「国旗・国歌」の他社と比較して偏った扱いになっている。② 現役政治家(安倍総理)が写真入りで掲載されるなど、教育の政治的中立を侵すもの。③ 「正しいあいさつのしかた」など、戦前の修身のように「しつけ」「れいぎ」を強調している。などの問題点を挙げ、展示会での意見や採択委員会答申との整合性を公開の場で明らかにするよう求めています。教育総研では、引き続き「市民の会」との連携を進めていくこととしています。
  ■石川県小学校道徳教科書採択結果 2017道徳教科書採択状況(PDF)

小学校道徳教科書、何が問題なのか

 教育総研の第2回研究部会が8月後半に集中して開催されました。
 23日「教育政策研究部会」、協議課題はまず、小学校道徳教科書。事務局員が参加した展示会の感想を出し合う中で、今回話題になった「教育出版」の5年生教科書に掲載された安倍首相の写真、政治的な意図がうかがえるとの指摘がありました。また、「国旗と国歌」や「れいぎ・マナー」でも、とても「笑えない」内容で扱われており、推薦できない教科書との意見が出されました。注目されたものは「光村図書」5年・6年で取り上げられている子どもの権利条約や世界人権宣言です。いずれにしても8月中に県内9の採択区で、教育委員会が採択決定を行うこととなっており、金沢市が日本文教出版という報道がありましたが、他市町は現在集約中です。次は全国学力調査の課題、現状では昨年4月の文科省通知で指摘された過去問等の行き過ぎた事前学習は、一向に改善されていない状況が明らかになっています。教育政策部会では、今年も12月県の一斉「予備テスト=県評価問題」実施の前に「声明」を発表することとしています。

詳細はこちら

教職員多忙化は「自己規制」も要因なのか

 8月20~21日、日教組のシンクタンク教育文化総合研究所が、一般財団法人となって2回目の全国交流集会が東京で開催され、石川からは事務局から古河、塚本が参加しました。冒頭の挨拶で池田賢市所長(中央大学)は、『2006年の教育基本法「改正」から10年が経過し、日本の社会がどう変化したのかを問いたい。中でも来年度から実施される「特別の教科・道徳」について考えたい。検定教科書が作られ、子どもたちの道徳性が評価されることになる。しかし、きっかけとされたいじめ等の「青少年問題」は道徳性の問題だったのか。どう証明されたのか。問い直さねばならない。』と指摘されました。

  

 第1日目は、所長挨拶に沿って2本の講演『教育基本法「改正」から10年の社会の動き』(市野川容孝さん・東京大)、『道徳の内容(徳目)の変遷』大森直樹さん・東京学芸大)を受け、小学校道徳教科書教材を読む、というグループ討議を行いました。素材は今回のどの小学校道徳教科書にも掲載されている「人気教材」4点(かぼちゃのつる、ブラッドレー/お母さんのせい求書、手品師、星野君の二塁打)、この教材の意図を読み解くという論議で大いに盛り上がりました。しかし、こうした教材で評価を強いられる現場の実践の困難さを指摘する声も出されていました。

詳細はこちら

katudoimg

contac01

itiran-bot

kyozailink

アーカイブ

Count per Day

  • 34428総訪問者数:
  • 5今日の訪問者数:
  • 30昨日の訪問者数: