11.23「公正な教科書採択を求める市民集会」

子どもたちにより良い教科書を

  

   1月26日、教育総研事務局も会員として参加する、金沢市の市民団体「こども☆未来☆教科書@かなざわ」(略称:こみきょー)の総会が開催されました。 冒頭の学習会では、同じく加賀市の市民団体「子どもと教育を考える加賀市民の会」(略称:加賀市民の会)共同代表である木村勝保さんから、「育鵬社中学校教科書をどう読むか」とする講演がありました。

   木村さんは加賀市が2015年の中学校社会科教科書に始まり、昨年度の小学校道徳教科書、今年度の中学校道徳教科書採択に至るまで、日本会議の望む通りの採択、私たちにとっては4連敗だと自戒を込めて話を始めました。加賀市民の会はこれまで精力的に学習会を行い、資料を作成し、教育委員会にも申し入れ行動も続けていますが、結果的に発言力のある教育委員に議論が支配されてきた。そしてその歴史認識も従来採択されてきた教科書と比較しても大きく違うと指摘されました。具体的に、アジアでの植民地政策、日本国憲法の成立過程など日本会議の主張に沿ったものだし、「わが国」という語句が200回以上使われたり、先の戦争での死者数を過小表記するなど、その主張は「公民」教科書でも同様だとし、作成された資料の紹介もなされました。
   総会では会計報告や2019年度の活動計画、役員選任等を承認し、全国的なつながりも強めながら、教育委員会への傍聴行動など、粘り強い運動を展開するとの意思統一がなされました。

第二能登丸の悲劇に迫る

12月7日、第4回の平和教育研究部会が開催されました。一連の報告事項の中で、県教組の担当から、今年度の「8.6、8.9を中心とした平和教育」の状況報告がなされました。その結果、全校集会で平和のとり組みを行っている学校は調査の8割、その内50%が8.6に実施、8.9と合わせれば、60%を越えています。学校の多忙化が問題視されている中でも、平和教育の意義が若い教職員にも少しずつ受け継がれているとのことでした。

今回の研究部会では学習会を設定しました。研究員の角三外弘さんに講師をお願いし、「地域と戦争『第二能登丸のそうなん』を中心に」とする報告を頂きました。角三さんは現職の時から平和教育にとり組み、中でも1945年8月28日に、七尾湾で機雷が爆発し、第二能登丸に載っていた28人が死亡するという事件を綿密に調査してきました。当時、教材化や映画製作にとり組まれてきたことは、広く知られています。近年、30年ぶりに当時の子どもたちがとり組んだ紙芝居が市の平和事業に活用されたり、地元港湾組合の現地調査にも参加されたとのことです。
 今年度、遭難事故の生存者への新たな聞き取りや当時敷設された機雷の実相が専門家の協力を得て判明するなど、角三さんの活動が相次いで報道されています。角三さんはこれまで集めた資料をまとめて、次世代に残していきたいと意欲を語られました。

環境教育部会でフクシマ報告

   

第3回の各研究部会が11月下旬~12月初旬にかけて開催されています。
環境教育研究部会は11月20日に開催されました。今回のテーマは研究課題にもある「フクシマを考える学習会」。まずは日教組の交流会に参加した、事務局・谷内県教組書記長からの報告。福島県教組からは、教員側から放射線の危険性等を子どもたちに伝えようととり組むも、行政につぶされたり、原発関連会社で働く保護者への配慮に悩んでいるとの実態を聞く。「現実は現地に行かないと分からない」このことは改めて痛感したとのことでした。引き続き、平和教育部会から参加の大森和子さん、8月に平和サークル「むぎわらぼうし」の福島視察に参加しました。現地で福島原発告訴団の武藤類子さんや佐藤真弥さん、飯舘村で原発避難を余儀なくされた、長谷川花子さん、健一さん夫妻との交流や、放射線に対する新たな安心安全のプロバガンダセンターとも言われる「環境創造センター」の視察等が報告されました。移動中に見られる大量のフレコンバックやバスで通過した大熊町、双葉町、富岡町の放射線量の高さ、浪江町では新設された小中学校(10人の子どもに17人の職員)の視察、予算をかけた施設が誕生しても人が戻らない実態報告がなされました。

教育政策部会は11月27日に開催。報告事項で事務局が参加した「親と子のリレーションシップ2018inとやま」で報告された、不登校児童生徒に対応する教育機会確保法(教確法と略)についての確認。協議事項として9月に公表された中学校道徳教科書採択、日本教科書が全国3地区中2地区が石川県で採択、なぜ石川県が「狙い撃ち」されているのか、参加研究員の意見交流を行いました。また、既報した11月30日に公表する「全国学力調査廃止に向けた声明案」を検討しました。

katudoimg

contac01

itiran-bot

kyozailink

アーカイブ

Count per Day

  • 55757総訪問者数:
  • 24今日の訪問者数:
  • 36昨日の訪問者数: