教科書採択に金沢市教育委員会へ抗議

 金沢市は、中学生が来年度から4年間使用する教科書として育鵬社の歴史教科書を採択しました。公表された会議資料の各中学校における調査研究報告書では3番目の評価であり、現在使用している育鵬社の教科書に対する先生方の評判も高くないにもかかわらず再び採択したことに疑問を感じます。金沢市民からは署名も提出され、採択に関する会議の公開を求める要望がありましたが、今年も金沢市は非公開で行われました。採択の理由の中には神話や道徳性があげられているが、社会科としての史実や学習指導要領の目的としては不適切である。また、調査報告書には、難解な言い回しや独特な文章表記が見られ使いづらい単元があるともありました。 教育総研では、全国的にも不採択が広がっている育鵬社の歴史教科書ではなく、子どもたちが学びやすい教科書の使用を求め、金沢市教育委員会に抗議の申し入れ(左クリックで抗議文)を行いました。

katudoimg

contac01

itiran-bot

kyozailink

アーカイブ

Count per Day

  • 85690総訪問者数:
  • 51今日の訪問者数:
  • 71昨日の訪問者数: