教職員の多忙化改善

「先生はブラック」忙しさを一般の方々にも知っていただいたのですが、先生の担い手が減っているという状況にもつながっています。

盛本研究員の県議会での質問では、講師の先生が見つからずに不足したままスタートした学校が、4月よりさらに増えているという現状です。全国でもトップである学力テストの対策としての過去問題の練習により教育の本質を歪めてはいけないと知事も答弁している。教育予算の増額と先生の数を増やす国への要望、教員免許取得のための大学のときの奨学金返済免除の復活、部活動の地域移行や登下校の地域の見守りなど、先生の確保や多忙の軽減のための質問がありました。

 

 

 

 

 

 

katudoimg

contac01

itiran-bot

kyozailink

アーカイブ

Count per Day

  • 174675総訪問者数:
  • 28今日の訪問者数:
  • 73昨日の訪問者数: